*

奪わず生きる

公開日: : 最終更新日:2018/07/18 自分らしく生きる

社会生活においてはどうしても人は奪い合う関係にあります。親子であっても奪い合います。100%与えるなんてのはほぼ不可能です。人には欠けたところがあります。生まれて直ぐ社会から奪われたからです。最初に奪われたのは経験です。100%の経験はできるわけありません。生まれた環境に制限されます。経験できなかったことはそのまま心の奥底の飢餓感になります。よく親が言うじゃないですか。俺みたいになって欲しくないからしっかり勉強しろと。親は勉強する経験をしなかったその飢餓感を子供に伝えているわけですね。そして子供は親のように遊ぶ機会を持てずそれが飢餓感となります。遊びの中で鍛えられ大人になるのでしょうが、その経験ができず遊びへの飢餓感が抜けないですね。話は脱線しました済みません。
飢餓感があるので人は相手から何かを奪おうとします。治療という行為も完全に奪いますね。病気を相手に哲学する経験を奪います。心理カウンセリングは100%奪います。人を他人のデータで分類するわけですから。その人の本当の自分を知ろうとする哲学を完全に奪います。奪ったところで自分の欠けたものとは一致しませんから飢餓感は拭えません。そしてさらに奪い続けるという構図です。そして奪わる機会が増えています。だからメンヘラーと呼ばれる人が増えてしまいました。新型うつとか、境界例とかどんどん人はカテゴライズされておかしな人にされていますね。

また話が脱線しました。すみません。ちゃんと大人になった人は奪う事が少なくなります。哲学するからですね。ちゃんと大人になった治療家は奪った分を返そうとします。奪うことをなるべく少なくして生きるのが仕合わせな生き方です。そう思いませんか。

人は循環に生きています。これに気が付くと人は奪わなくなります。奪う必要がないからです。あなたが不幸なのは本当の意味で循環に気が付いてないからです。循環に気が付いて仕合わせな人生を歩みませんか。

何処へ行っても治らなかった心と体にお応えします。
—お問い合わせ/ご予約—-
info@fujigorota.com

固定電話番号 03-6459-2295
携帯電話番号 090-3813-1900

ホームページへ戻る 自分らしさを取り戻すスーパーカウンセリング

ad250

関連記事

あらまあ【手作り酵素通信】

 こんにちは。藤五郎太です。お元気ですか。今日は酵素教室なんですよ。楽しみです。

記事を読む

no image

今日も自分らしく

自分らしくない人は傷つきます。自分らしくない人は自分がでかすぎるからです。でかいものはいろい

記事を読む

H30.06.27.W杯のスパイク【手作り酵素通信】 

H30.06.27.W杯のスパイク【手作り酵素通信】 こんにちは。藤五郎太です。お元気で

記事を読む

症状や後遺症を夢と交換しましょう

症状や後遺症を夢と交換しましょう。 あなたは人前で話したり、新聞に載ったりテレビやラジオに出たり

記事を読む

お釈迦様曰く、決して尊敬してはならん【手作り酵素通信】

【決して尊敬してはならん】前回は人は情報に惑わされて人を嫌うことができるのだが、その結果

記事を読む

no image

病気の素

病気の素  今日の産経新聞にも載っていましたが、子宮頸癌の予防接種の副作用で沢山の人が苦しんでいるそ

記事を読む

no image

どうしようもなく寂しい

どうしようもなく寂しいのです。いつもいつも寂しいのです。寂しさに耐えられないのです。誰か

記事を読む

集合住宅に住むと

集合住宅では引越蕎麦を配らなくなりましたね。同じ人間が一軒家に引っ越すと向こう三軒両隣に

記事を読む

半年前に食べたものでできているの本

あなたは半年前に食べたものでできている。

 あなたは半年前に食べたものでできている。素晴らしい一言ですね。これアスリ

記事を読む

no image

帝釈天へ行きました

去年の六月に帝釈天へ行ったときの写真です。友達が調子が悪いというので帝釈天に行くことにしたの

記事を読む

ad250

ad250

【手作り酵素通信】H31.04.19.献血するなら嘘をつけ

こんにちは。藤五郎太です。お元気ですか。夜中に夢を見て自分の笑

【手作り酵素通信】天国と地獄のスプーン

【手作り酵素通信】天国と地獄のスプーン先日面白いお話しを聴

no image
政策研究大学院大学のロケーション

僕が好きな場所です。開かれたキャンパスで、木陰にピクニック

凧揚げすると電線に引っ掛かるよねえ。

昔はよく凧が電線に引っかかってました。最近は凧あげをみない

ハニーさんの本

蜜蜂が僕達の食を支えてくれている。そんな蜜蜂さんは今、絶滅

→もっと見る

PAGE TOP ↑